U-NEXTの動画が止まる理由を分かりやすく解説!すぐできる解決策とは

  • 頻繁に低画質が変わって見づらい
  • カクカクした動きで集中できない
  • 原因が分からずイライラする

と思っていませんか?

動画が頻繁に止まると、時間が無駄になるうえに原因が分からないことも。

時間を失うばかりか画質が安定しないだけでも楽しめず、イライラして見る気が失せますよね。

最短で楽しむためにも原因の特定と、自分に合った対策が必要です。

こんな方におすすめ
  • U-NEXTだけが止まりやすい
  • 画質の変化が大きい
  • 調べても止まる理由が分からない


【最優先】カクカク、動画が止まるなら確認したい原因

これらは簡単に改善できる可能性が高いため、真っ先に試してください。

  • 特定の時間帯に発生しないか
  • 通信速度の低下
  • 複数アプリで動作が重くないか


週末や19~24時など特定の時間帯に遅くなるなら、時間をずらすか光回線を検討する必要があります。

通信速度の測定をして近い環境に合わせることも大切です。

U-NEXTの推奨環境です。

4K再生:15Mbps 以上
高画質:3Mbps 以上
低画質:1.5Mbps 以上


通信速度測定はこちら


ほかの端末でも通信速度が遅い場合、モデムやルーターを再起動すると改善できます。

初めて使ったときから止まる原因はスペックが関係

倍速再生しなければ基本は気にする必要がありません。

動画が止まる原因は他にも3つ
  • 端末のスペック
  • 画質
  • 再生速度


実体験として、20,000円代で買った格安スマホ、動作が鈍いパソコンなどの低スペックなものは止まりやすいです。

格安スマホでは1.2倍速からはダウンロードをしてもカクカクした再生になりましたが、高スペックなスマホでは止まったことがありません。

常に自動画質では処理能力が追いつきませんが、1倍速で見るか低画質にすることで解消できています。

スマホでの画質を変えるには、マイページのプレーヤー設定からできます。



その他にも疑わしいものをWi-Fi、パソコンで対処してみましょう。

スマートフォンで止まる

  • 使わないアプリを閉じる
  • 不要なキャッシュを削除する
  • 通信のオン、オフを試す
  • 再起動する
  • 通信契約でデータ量を確認


保留にしているアプリを閉じるだけでも動作が軽くなるので、すぐに試したいことになります。

面倒であれば初めから再起動をおすすめします。

パソコンで止まる

  • 最新OSにする
  • ブラウザを確認する


必ずしも最新OSにする必要はありません。

低スペックモデルだと逆に重くなる悪循環になる経験をしています。余裕のあるスペックであれば、アップグレードにより高速化することもあります。

重要なのはブラウザによって早さが違うため、純正ブラウザを使っている場合はGoogle chormeなどの動作が早いものをおすすめします。


パソコンのパフォーマンスを向上させる

ブラウザのキャッシュを削除

スペックに余裕がないパソコンでは、不要なデータを削除して、なるべく動作を軽量化しましょう。

パソコンの再起動

最も簡単な解消法です。動作が格段に速くなることもあるので、真っ先に試したい一つです。


不要なメモリを削除

動作に余裕のないパソコンで不要なアプリが動いていると、動作自体が重くなります。

不要なソフトを全て停止させることで解決します。


通信不具合の可能性

WI-FI接続の場合

戸建てでは、場所によって切り替わってほしくない接続により通信低減になっている可能性があります。
アクセスポイントの変更で解決することがあります。

不安定だと通信速度が低下するため、通信速度測定か親機の近くで改善しないかを試してください。

周波数を変える、優先接続する

2.4Ghzは遮蔽物に強く、5Ghzは弱く狭い範囲で使うことになりますが通信速度が速くなります。

親機や中継器と隣接した部屋で、5Ghzの対応ルーターなら5Ghzを選択します。

5Ghzへの切り替えだけで6Mbpsが20〜30Mbpsまで速くなり、より安定するようになりました。


テレビで止まる

  • テレビの再起動する
  • ルーターの再起動
  • LANケーブルの差しなおし


私が同じ状況であれば、混雑する時間帯(21時前後)と通信速度測定を真っ先に確認します。

混雑しない時間帯でほかの端末でも読み込みが遅いならルーターの再起動とLANケーブルの差しなおしをします。

インターネット側

  • 無線LANルーターの再起動
  • 回線の混雑状況を確認
  • 特定の時間帯で通信速度が低下している
  • 契約データ量を超えている


無線LANルーターの再起動

他の機器が繋がっていれば可能性は低いと思われるため、後回しでもOKです。

こちらを試して通信速度が低下したままなら、無線LANルーターの再起動をしてみましょう。


回線の混雑状況を確認

通信速度測定を試したり、同じ時間帯や曜日で遅くないかを比べてみましょう。


特定の時間帯で通信速度が低下している

マンションやアパートなどでは多くの人が自宅にいると思われる、19-24時は遅くなる傾向にあります。

他の時間帯と比較して変わらない場合は優先順位の高い、通信速度、端末の動作が遅くないかを確認してください。


契約データ量を超えている

ポケットWi-Fiやモバイル通信で動画を見ると、あっという間にデータ量が増えてしまいます。

通信量を確認し、無線LANルーターを持っている方はWi-Fiに切り替えられているかを見てみましょう。


ブラウザの変更

Microsoft Edgeなどの標準ブラウザを使っている場合はGoogle chromeの方が速くなります。

速度が速い分、メモリに負荷がかかるためタブを開きすぎないように意識しましょう。


画質設定の見直し

倍速再生すると止まりやすくなりますので、通常再生や低画質に切り替えると改善しやすくなります。

パソコンで動画が止まりやすい場合、大画面で見なければ低画質でも違和感は少ないため、おすすめです。

U-NEXT対応テレビでは画質の変更はできません。

まとめ

動画が止まるほとんどの原因は4つありました。

  • 混雑時間に使っている
  • 通信環境が不安定
  • 動作が遅くなっている
  • ネットワークの不安定


どれも私が経験したものばかりですが、特に頻発するのは動作が遅くなっている、混雑時間によるものでした。

時間をずらしたり低画質への切り替え、ダウンロードを使い分けるとうまくいきますよ。